にしきたの魅力

にしきたの魅力CHARM

掲載の航空写真(2013年7月)は、CG合成を施したもので、色調等実際とは異なります。あらかじめご了承ください。
※掲載の航空写真(平成27年10月撮影)は、CG合成を施したもので、色調等実際とは異なります。予めご了承ください。

※掲載の航空写真(平成27年10月撮影)は、CG合成を施したもので、色調等実際とは異なります。予めご了承ください。

いきいきと子育てが実現できる文教エリア。

関西圏「住みたい街ランキング」で毎年上位にランクインしている「西宮北口」エリア。大阪・神戸への好アクセスや「阪急西宮ガーデンズ」に代表される商業施設の充実の高さが、幅広い層から支持を集めています。特に西宮北口エリアには、幼稚園から大学まで数多くの教育施設が集積。古くから、人を育む文教色豊かな西宮市では、2009年に「ふれあい感動、文教住宅都市・西宮」のスローガンを制定。いきいきと子育てが実現できる文教エリア構想が浸透しており、他地域から移り住む子育てファミリーも増えています。

※住まいの情報誌「SUUMO(スーモ)より」

ランキングデータ

関西圏「住みたい街ランキング」で毎年上位にランクインしている「西宮北口」エリア。大阪・神戸への好アクセスや「阪急西宮ガーデンズ」に代表される商業施設の充実の高さが、幅広い層から支持を集めています。特に西宮北口エリアには、幼稚園から大学まで数多くの教育施設が集積。古くから、人を育む文教色豊かな西宮市では、2009年に「ふれあい感動、文教住宅都市・西宮」のスローガンを制定。いきいきと子育てが実現できる文教エリア構想が浸透しており、他地域から移り住む子育てファミリーも増えています。

※住まいの情報誌「SUUMO(スーモ)より」

ランキングデータ
ランキングデータ
ランキングデータ

約50年前、西宮市は「風光の維持、環境の保全・浄化、文教の振興を図り、当市にふさわしい都市開発を行い、市民の福祉を増進する」として「文教住宅都市」宣言を行いました。
「西宮は自然豊かな環境や教育施設の充実というイメージをもたれていると思いますが、それはほんの一部分の魅力。むしろ、文教住宅都市宣言をしたころよりも、西宮の魅力は広がっていると思います。」
西宮の最大の魅力は、他の場所にいかなくても何でもそろっている点。JR、私鉄2路線が並走し利便性に優れていること、住宅地からすぐの場所に山も海も川もあり自然環境に恵まれていること、大型商業施設やスーパーも点在し生活が便利なこと、子どもが遊べる場所も揃っていること、こだわりの老舗や洗練されたカフェやレストランも充実していること、など。「僕自身、大学で西宮を離れて暮らした時に、当たり前すぎて気付かなかった西宮のすばらしさを実感。住宅地であるにも関わらず、あらゆるものがそろっている街は西宮以外にないと思います。」
特に力を入れているのは、子どもに目を向けた施策だと言います。子育て中の世帯、親に対しての支援や施策はやってあたりまえ。それだけではなく、子どもにとって良い、楽しい経験ができる政策こそ必要だとか。「子どもたちが将来、結婚してどこに住むかと考える時に、『子どもの時に、こんなこともあんなこともさせてもらえたな~。自分の子供を育てるならやっぱり西宮!』という“西宮愛”を持っていてほしいですね。」
今住んでいる方にとって、この街を選んでよかったと思ってもらうと同時に、未来の西宮を支える子どもたちにも必要なこと。「それを実行するのが、僕の仕事だと思います。」

1972年西宮生まれ。甲陽学院高校を卒業後、京都大学法学部に入学。株式会社リクルートを経て、1999年西宮市議選に立候補し、最年少の26歳でトップ当選。市議を15年務め、2014年西宮市長選挙で初当選し、現職に。

梅田、三宮へのアクセスの良さはもちろんのこと、都心ならではの利便性と落ち着いた生活環境の両方を享受できる街、「西宮北口」。子育て中のファミリーはもちろん、シニア世代まで幅広い方々から注目を集め、関西屈指の住宅街として人気です。都心の洗練された装いと人やモノが集まる集積地としての側面を持ち、次世代に向けたさらなる発展を遂げています。

※住まいの情報誌「SUUMO(スーモ)」より
※2012年から2016年の4年間「西宮北口」が連続1位です。

「にしきた」と親しまれる阪急「西宮北口」駅。大阪梅田と神戸三宮のほぼ中間に位置し、阪神間屈指の交通アクセスの良さで注目されています。
駅前には2008年、阪急百貨店をはじめ、12スクリーン・約2200席を備えた「TOHOシネマズ西宮OS」や、高感度なファッション店舗や生活雑貨店など約260店舗を有する大型ショッピングモール「阪急西宮ガーデンズ」が誕生。2013年には、全国ショッピングセンターの最高峰を決める「SC大賞」で金賞受賞しました。名実ともに「にしきた」の顔として、地元のみならず、多方面から連日賑わいを見せています。
また駅からペデストリアンデッキで繋がった施設には、大型書店や行政センターなどが入店する「アクタ西宮」、オペラやバレエなど芸術に触れられる「兵庫県立芸術文化センター」も。
通勤・通学や普段のお買い物はもちろん、週末のお出かけなど、「にしきた」は欠かせない場所です。

西宮から隣市「宝塚」へ延びる阪急今津線は、映画「阪急電車」で注目されました。
沿線には大正期からの住宅開発や関西学院大学、神戸女学院大学など教育機関が集積し、文教豊かな側面も持ち合わせています。
1995年、阪神淡路大震災では「にしきた」も被災を経験しました。
震災後、官民あげて大規模な駅前再開発事業や土地区画整理事業などが進められ、住まう人視点での防災に強い街づくりが推進されました。
長年の地域の方々の苦労が実を結び、生活利便施設や医療施設、そして防災機能を備えた大型公園など、良好な住環境が整いました。
「にしきた」周辺は、フラットな立地に集積する利便施設を手軽に利用できるのも魅力です。
利便性」や「華やかさ」だけでない、たくさんの魅力を感じられることが、広く高い評価を得られる理由かもしれません。

暮らしてみたい街にしきた。

ここ数年は再開発にともない阪神間のトレンド発信エリアとしても注目されています。駅周辺には、「阪急西宮ガーデンズ」をはじめ、百貨店やスーパーなど大型施設が多彩に揃い、一歩足を踏み入れた閑静な住宅エリアにはカフェ、スイーツ専門店、雑貨店など、感度の高いショップが点在。また文化の街としても名高く、そのシンボル的存在が兵庫県立芸術文化センターです。優れた設備を備えたホールでは、音楽、演劇、バレエなど多種多様な演目が上演され、感動を求めて多くの人々が集い、交流しています。

  • 教育環境
  • 利便性
  • 「にしきた」という価値
  • ショップ
  • 教育環境
  • 利便性
  • 「にしきた」という価値
  • ショップ
  • INTERVIEW vol.1
  • INTERVIEW vol.2
  • INTERVIEW vol.1
  • INTERVIEW vol.2
  • ウエリスクラブにしきた 会員募集中ウエリスクラブにしきた 会員募集中